関東で婚礼司会の基礎を培ったわたしは

故郷秋田の婚礼司会をすることになって

違う文化に触れて驚いたけれど

ずっと後になって、いわゆる「東京形式」が
地方にも広がってきた感じ。




新しい「形」に

そこに住む私たちがゆっくり追いついていく。

追いついて初めて

「いい時間だった」って感じられるものだから

急に「最新型です」って持ってこられちゃうと

拒否反応しちゃう。



司会としては、

お客様が動きやすいように導くのがお仕事で

もちろんどんな形でも対応するけれどね。



違うっていうことと 間違っているっていうことは同じじゃないから。

まず一旦今のこの地域の有り様を受け入れてほしいな。

最近司会をしながら思うことがあった。

背伸びしなくたって。

いや、それを背伸びというのかも よくわからないけど。



朝ドラの「エール」を見ていると

福島弁のなんとも味わい深いこと。

いいもんだな。


その土地のその風土が生み出したことばだから

そのまんまが「人」なんだよ。

形が先にありきじゃないんだよ。