シャバラ・エカテリーナ

SHABALA Ekaterina

秋田県庁 国際課 ロシア国際交流員
秋田在住ロシア人ユーチューバー

ロシア生まれ。
中学生の時に出会ったアニメ「BLEACH(ブリーチ)」がきっかけで、
日本語の美しさに魅了され学び始める。
高校時代に来日し日本語専門学校で学んだほか、
大学時代は、神戸市外国語大学に留学。
大学卒業後、日本政府の国際交流プログラムに参加し、
2019年夏から秋田に配属され現在に至る。
YouTube: Yankiterina in Japanを配信中。

@yankiterina
@yankiterinajp

【2】

◆…そして、いよいよ日本で働く道に進むわけですね。

 2019年6月、大学を卒業して、8月に秋田に来ました。

ロシアにある日本大使館のウェブサイトに求人が出されます。
私は大学2年生の時から国際交流員を目指していました。
応募できるのは4年生か社会人なので、4年生になるのを待って、応募しました。

採用通知が来た時には家族みんなで喜びました。

赴任地が秋田と聞いて、
どこのどんな土地か 全然分からなかったのですが、
日本に行けることが嬉しかったので、最初はどこでも関係なかったですね(笑)。

◆…秋田はどんな印象だったのでしょうか?

一番ショックだったのは、地下鉄がないことでした。

アニメでも、必ず地下鉄が出てくるし、
日本は電車の国というイメージがあったのに、
秋田では(地下鉄は)ないよって言われてショックでした。

では何があるんですか?って聞いたら、バスがあるって言われて…。
乗り方が分からないし、スケジュールの見方も分からなくて困りました。

今は、自動車の免許を取得して、日本でも車を運転しています。

あとは、初めての冬を迎えた時、寒すぎてびっくりしました。
ロシアの方が寒いでしょって言われますけれど、
ロシアはセントラルヒーティングがあるので、室内は暖かいんです。

◆…いろんな秋田の魅力を発信していますね。

東京や神戸と比べて 秋田は四季がちゃんとしてて豊かな場所だと思っています。

ロシアも夏はちゃんと暑くて冬はちゃんと寒いので
そういうところは秋田に似ていてすぐに慣れることができました。

温泉も気に入りました。
乳頭温泉郷の鶴の湯が大好きです。 

◆…(鶴の湯は)風景が江戸時代ですもんね。

そう!アニメっぽいんです(笑)

アニメ「犬夜叉(いぬやしゃ)」で古い日本が出てくるので、
古い日本の建築を見ると、そのようなアニメを思い出すのです。

あぁいいなって思います。本当に癒されます。 

◆…YouTubeチャンネルのフォロワー数も伸びていますね。

最初は、秋田での日常をロシア人向けのチャンネルでブログを書いていたんです。

私は文章も書くのが好きなんですけど、
書くより自分が話すのもいいんじゃないかと友だちにも言われたので、
YouTubeを試しにやってみようって思ったんです。

秋田の好きなところを題材に、1本目を作ってみました。
これからどうするか何も考えず、とにかくアップロードしてみたんですね。

そしたらは視聴回数が、伸びて、伸びて伸びて(笑) すごくびっくりしたんですよ。

反応が良くてコメントも多くて、
それってもうやり続けるしかないなって思って、1週間に1本ずつ出すようになりました。

自分で感じたことを共有するのが好きだな、楽しいなと思っています。

少しずつフォロワーが増えてきて、
秋田に住んでいる人たちにも 見てもらえるようになりました。

◆…企画、撮影、編集も一人でやっているのですか。

 全部一人でやってます。

最初から写真が好きだったので
撮ること自体がすごく楽しかったんです。

編集についても、
以前から1~2分の”ショート動画”は作っていたので抵抗はなかったです。 

◆…今後ライブ配信の予定はありますか。

今は、お休みしていますが、
たとえば、毎週●曜日30分やりますよっていうと、
その為だけでも来てくれる人もいるかもしれないので、
これから色々考えていきたいと思います。 

◆…今のお仕事に期限はあるのですか?

任期は最大5年です。

来日した2019年8月~12月までは、活発に仕事ができたのですが、
2020年に入ってからはコロナウイルスが流行って、仕事の量が落ちてしまいました。

やっと復活したらと思ったら、また別の問題が出てきて、
なかなか仕事の量が 前のようには戻らないのですが、
今の仕事の任期が終わっても、秋田に残りたいという気持ちはあります。

自然の中で、ゆっくりマイペースの生活できるのは本当に素晴らしいと思います。
私は秋田が住みやすいなと感じています。

必要であれば、いつでも他の都市にも(東京にも)行けますしね。

◆…今後、どんなことを目指していますか?

今のお仕事は任期が限られているので、
このお仕事の中で何かを目指すということはないのですが、
日本での基本的なコミュニケーションの仕方、お仕事の仕方など、
この仕事で得た経験をこれから先の仕事にいかしたいと思っています。

差し当たっては、
コロナ禍でほとんど秋田の祭りの経験ができていないので、
残る任期の間、たくさん経験して、発信していきたいです。

今月は、秋田市の竿燈祭りを見ることができました。

今、YouTubeは休止していますが、インスタグラムは毎日発信しています。
ぜひフォローしてください。

先の仕事はまだはっきりしていないです。
翻訳とか通訳じゃなくて、また別の分野で自分を試してみたいとも思います。

メディアの仕事も興味があるので、そのような仕事もできればいいなと思いますね。 

(了)
インタビュアー:鶴岡 慶子