ついに
2代目 Scansnapが壊れてしまって
3代目を購入した。

1代目と同じものにした。
2代目はちょっと浮気してハンディタイプにしたら
片面スキャンしかできなかった。
これはこれで「ま、いっか」ということだったけれど、
1代目で両面を使えていたから退化した感じで
知らず、我慢していたところもあったかも。

でも長く使ったな。
おそらく10年は使った。

新しいスキャナは
上位モデルってのじゃなくて
スタンダードというクラスで
でも両面スキャンに対応しているし
スピードが上がってる。これで十分。

最初の仕事は、
高校時代のアルバム一冊分の写真スキャンとした。
修学旅行で行った京都奈良。
ピアノの発表会。
学園祭。

自分なんだけれど、
なんとなく自分の顔じゃない。
今の顔は、幼い頃に戻った感じだと思ってるんだけれど….
どの辺から幼い頃の自分の顔に戻ったんだろう?
探ったら
大学時代の後半って感じだった。
ティーンって変化著しい
そういう年頃なのかも?

1冊スキャンするのに2時間半ぐらいかかった。
まだまだ山積みになっているアルバムを見ると
次にやる日を決めたくない感じ。

決めずに気が向いたときに
ちょいちょいやっていくことにしよう。

って毎回思って、減らないアルバムを眺めてる。

Queenの入口がスマートキーに対応した。

スマホが鍵になるので、
鍵どこ行ったっけ?がなくなって
もっというと、
近づくだけで解錠され、
離れると施錠される。

さらに、解錠施錠の履歴が蓄積されるっていうのは
ちょっと面白いなって思ってる。

いろんなデータは。
アプリ元にも吸い上げられるんだろうけれど。

それが嫌っていう人もいることは承知しているが、
ライフログがたまることの面白さの方が
私の場合、気持ち優位。

電気使用料もデータに対応したから
毎日昨日はどのぐらい使ったかな?っていうのがいいし、
睡眠もApple Watchで記録しているのもなかなかいいし。
  実は睡眠については、
  過去に一度だけ、脈拍が低下したことがあって
  その時に腕時計がブルブルして生き返った。
  それ以来、事務所でひとり作業の時に充電して
  寝るときは腕時計をつけてる。

今日は勤労感謝の日。
取引先の皆さんにも
学びを与えてくれる方々にも
健康で今日も頑張れる丈夫な自分にも感謝して
1日を過ごしたいと思ってます….

===
面白い展開になりそうですよ。

秋田にゆかりのあるステキを集めるチャンネルが
もっともっと楽しめる内容になるように、
アンテナ張ってます。
乞うご期待!

そうか!

お手数をおかけしました。
「おてかず」をおかけしました、が正式なのか!

すっかり出遅れたが
倍返しのドラマを一気に見て
途中セリフで「おてかず」って聞いて
すぐに辞書を引いたら以下だった。

「お手数おかけします」と読む時は2通りの読み方がある
一般的には「おてすう」と読む場合が多いが、
「おてかず」と読む場合もあり。
漢字の読み方的には本来は「おてかず」が正しい。
現在では「手数料」(てすうりょう)という言葉があるので、
「おてすう」という呼び方が定着している。
読み方として「お手数おかけします」という言葉は、
決してどちらも誤りではない。

ドラマの間
早急を、さっきゅう って言ってたのはよかった。
これもまた現在はどちらもOKってなってるが
そうきゅう派が多いんだよね。

こういうことに敏感なのは
職業柄….もあるけれど
正しく使う方が少数派になる場合は
もうそれはコミュニケーション
とれなくなってきちゃうから
柔軟でなきゃいけないのかな。

宇宙は3度目か。

宇宙飛行士になることだって
そりゃ条件がたくさん揃ってなきゃいけないけれど
1度じゃなく2度も3度もいけるなんて
ずっとその条件を保ってるってことが素晴らしい。

船外活動とか、
飛行機の機外で活動するイメージを持つから
超こわい・・・、
どんな感覚なんだろうなー。

過去の2回と比べて
さらに技術が進んでいて
感じることも違うんだろうか。

”保つこと”って
そのまんまってことじゃないね。

進化していかなきゃ”保”てないね。

今日はちょっと暖かい。
秋田も10度を超えています。

ある行事の参加要項には、
『換気をするときに
寒くなることが予想されるから
防寒着を持参のこと・・・』とあった。

持っていったけれど、汗ばんだ。
衣服の調節って難しい季節。
いや、難しい時代なのかも?

帰り道、マクドナルドのドライブスルーを利用した。
すっごい行列だったけれど、
どんどん進む。

注文レートが2つあるし
進んだ先に窓口が2つあって
手前が会計。
奥が商品受け渡し口。

だから進むんだな。

明確にあるんだよね。
あれが食べたいって目指す場所と。
待ちたくないときに目指す場所と。
ゆっくり過ごしたいときに目指す場所と。